小学生向け ニュース

金融学習コンテンツ「auじぶん銀行劇場 金融昔ばなし」をauじぶん銀行株式会社がリリース

auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、以下 auじぶん銀行)は、SDGsへの取り組みの一環として、2020年10月4日(投資の日)に金融学習コンテンツ「auじぶん銀行劇場 金融昔ばなし」をリリースした。

金融昔ばなしとは?

「金融昔ばなし」は、子ども向け金融教育を目的に、子どもたちに馴染みのある昔ばなしに、金融の要素を盛り込んで作成したオリジナルストーリー。

イラストレーターの「PansonWorks(パンソンワークス)」デザインの個性あふれるキャラクターと一緒に、楽しく金融基礎を学ぶことができるとの事。

auじぶん銀行YouTube チャンネルで公開しており、誰でも無料で見る事ができる。

auじぶん銀行劇場
金融昔ばなしストーリー

第1話・赤ずきんちゃん

赤ずきんちゃんと「お金の使い方」を学びます。おつかいを頼まれた赤ずきんちゃんは、おばあちゃんの家に行く途中、おおかみくんに騙されて大ピンチに。。。!!

赤ずきんちゃんは、賢くお金を使うことで、このピンチを乗り切れるのでしょうか!?

第2話・うさぎとかめ

うさぎとかめと「お金と働くこと」を学びます。うさぎの心ない一言に傷ついた亀は、それぞれが経営している店のどちらが繁盛するか勝負を提案します。

思わず言ってしまったものの、勝ち目がなく困り果てるかめ。。。しかし、お店の商品を配達している最中に、働く上で大切なことに気づくのです。 はたして、この勝負の行方はいかに??

今後の公開スケジュール

未来の大人である子どもたちが、金融教育を受けることで“貯蓄から資産形成へ”の第1歩を踏み出してもらいたい、という気持ちを込めて2020年10月4日=投資の日 (10月4日・日本証券業協会制定)に、第1話と2話が公開された「auじぶん銀行劇場 金融昔ばなし」は、2020年内に第6話まで公開する予定。

SDGsへの取り組みの一環

auじぶん銀行では、2019年度から子ども虐待防止を訴えるオレンジリボン運動に賛同するなど、青少年の育成に取り組んでいる。

■以下プレスリリースより。
「人生100年時代」といわれる昨今、「貯蓄から資産形成へ」のシフトが日本における課題の1つです。欧米諸国においては、小学校に相当する教育課程からお金に関する授業など、金融教育を受けて育ちますが、日本ではその機会が十分とは言えません。2030年を生きる未来の大人である子どもたちが、人生100年時代を豊かに生き抜くために、資産形成はもちろんのこと、子どもの頃から金融教育を受けていくことが必要不可欠だと考えます。

この、楽しく見て学べる「金融昔ばなし」を通じて、子どもたち、またそのご家族に、金融に興味を持っていただくきっかけになればと考えています。

また、コロナ禍の中で、自宅学習をはじめ、場所を選ばず学習可能な動画形式とし、YouTubeで公開することで、どなたでも無料でご覧いただけるようにしました。子どもの孤立を防ぎ、親子で学んでいただけるように、動画の中で「お家の人と、一緒に考えてみよう」というような呼びかけも行っています。

auフィナンシャルグループのauじぶん銀行は、『じぶんのいる場所が、行く場所が、ぜんぶ銀行になる。そういうスマホの自由さ、便利さを銀行にも。』という思いを込めて「銀行を連れて、生きていこう。」というブランドメッセージを掲げるとともに、社会の持続的な成長に貢献する会社を目指し、社会貢献活動にも取り組んでいきます。

Website
https://www.jibunbank.co.jp/sdgs/

  • この記事を書いた人
Team Little-Big

Team Little-Big

フリーランスPRエージェント、ライター、翻訳や通訳業務等。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/

PickUp

-小学生向け, ニュース
-, , , ,

© 2021 学校ステーション