教員向け ニュース

NHKEテレ「ウワサの保護者会」にも出演した、教育哲学者の苫野一徳氏のオンライン講座が6月17日よりスタート

NHKEテレ「ウワサの保護者会」にも出演した、教育哲学者で熊本大学教育学部准教授の苫野一徳氏によるオンライン講座が、NHK文化センターオンライン教室にて2021年6月17日よりスタートする。これからの学校や教育はどうあればよいのか。そもそも、どんな教育が「よい」教育なのか。対話を通して、納得できる“答え”を見つけ合っていく講座との事。

教育哲学者
苫野一徳氏
プロフィール

苫野一徳(トマノ・イットク)
熊本大学教育学部准教授。博士(教育学)。

早稲田大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。学校法人軽井沢風越学園理事。

主な著書: 『NHK100分de名著ルソー「社会契約論」』 『愛』 『「学校」をつくり直す』 『はじめての哲学的思考』 『子どもの頃から哲学者』 『「自由」はいかに可能か』 『教育の力』 『勉強するのは何のため?』 『どのような教育が「よい」教育か』 など。

NHK 教育にて放送中の「ウワサの保護者会」2020年5月放送「長期休校 子どもたちの思い」や、2019年9月放送「学校に行かない!~進路はどうする?~」等にも出演。

講座・教育を哲学する

2021年6月17日より開催される講座「教育を哲学する」は、オンライン(Zoom)にて開催される。以下プレスリリースより

2021年度に本格的に始まったGIGAスクール構想の実装、コロナ禍での新しい生活様式、個別最適な学びや「探究」へのカリキュラムの転換、そして、子どもの貧困や教育格差の拡大・・。

教育をめぐる状況は、日々、めまぐるしく変化しています。

そのような中で、これからの学校や教育はどうあればよいのか?よい学校とは?よい学びとは?よい社会とは?そもそも、どんな教育が「よい」教育なのか?

“力強い”哲学的思考を学びながら、ルソー、ヘーゲル、フッサール現象学、デューイなどの哲学もヒントに、参加者の皆さんとの対話を通して、納得できる“答え”を見つけ合っていく講座です。哲学の予備知識は必要なし!ご希望の方は耳だけ参加でも構いません。多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解し承認しあうことができるのか。講師と共に徹底的に探究しませんか。

実施概要

  • 講座名
    【オンライン】教育を哲学する
  • 講師
    熊本大学教育学部准教授 苫野一徳
  • 回数:全3回
  • 開催日時
    2021年6月17日、7月15日、8月19日
    第3木曜 19:00~21:00
  • テーマ
2021/06/17(木)「そもそも教育とは何か?」についての講義および対話
2021/07/15(木)教育を哲学する①(参加者の希望テーマについての講義および対話)
2021/08/19(木)教育を哲学する②(参加者の希望テーマについての講義および対話)
  • この記事を書いた人

Team Little-Big

フリーランスPRエージェント、ライター、翻訳や通訳業務等。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/

PickUp

-教員向け, ニュース
-, , ,

© 2021 学校ステーション