中学高等学校 神奈川 私立

日本大学藤沢高等学校・藤沢中学校

「基礎学力の向上,社会性の育成,行事・教科外活動の積極的な奨励」に重点を置き,「知育・徳育・体育」のバランスのとれた指導,日本大学の教育理念である,自主創造性豊かで国際感覚を身に着けた,個性的で心豊かな人間の育成を使命とし,独自の「愛情教育」を実践している。

https://www.fujisawa.hs.nihon-u.ac.jp/

学校概要

校長:楠本 文雄先生  創立:1949年 宗教:なし 生徒数:高校1526名(男子744名 女子782名)中学369名 (男子200名 女子169名) 教職員:名 制服:あり 給食:(弁当)スクールバス:なし 敷地面積:115.412㎡ 校庭:芝 図書館の蔵書約:79,000冊以上 土曜日:あり

志願者数、倍率、学費

中学校

2020年度第1回入試の受験者数223名で合格者は100名で、倍率は2.2倍。第2回の受験者数は270名で合格者数は76名。倍率は3.6倍。初年度の学費は993,700円(入学金230,000円)次年度以降763,700円 ※年度によって変更の場合あり。

高等学校

初年度の学費は953,700円(入学金230,000円)次年度以降723,700円 ※年度によって変更の場合あり。

進路

中学校

6年間を通して丁寧な学習指導と充実のサポート体制

カリキュラムの先取り・深掘りを行い、高校特別進学クラスへの進学をサポート。授業外では、多彩な学校行事・補習授業・休暇中の特別授業などを通じ、豊かな人間性を養い、また、保護者対象の講演会の実施、学校生活の様子や連絡事項のネットを通じた配信、学校行事の参観や三者面談など、保護者と連携して6年間の学校生活をサポートする。

高等学校

日本大学への推薦制度の流れ

日本大学への進学を希望する生徒は、在学中の学業成績、日本大学付属高等学校基礎学力到達度テストの成績および面接、小論文などの総合判定により、日本大学の各学部から入学が許可される。ほとんどの学部で在学中の学業あるいは特別活動の実績や特技などを重視した、付属校生特別推薦の制度がある。

日本大学合格実積、国公立大学・私立大学合格実積はHPで参照できる

ここが注目

連携教育/湘南キャンパスの魅力

広大で緑豊かな大学キャンパスの一部に日本大学藤沢中学校は位置していて、小中高大すべてがそろうキャンパスを生かした交流の機会を通じて、多感な時期に多様な人に接し、豊かな人間形成ができる環境になっている。隣接する大学の農場で行われる実習は、大学生のサポートを受け、1年を通じて農作物の植え付け、手入れ、季節の野菜の収穫を通じて食べ物の大切さ、自然にかかわる喜びを実体験できる。お互いの施設を利用しあい、学生・生徒・児童が学びあう授業や行事を通じ、子供たちの健やかな成長をサポートしている。

文化祭・体育祭

6月に行う文化祭と11月に行う体育祭は中学・高校合同の行事。高校生たちの高いレベルでのパフォーマンスに刺激を受け、自らのパフォーマンスにも磨きをかけて、また高校生にサポートされる体験を得ることで、自分たちも高校生になった時に自然と後輩を支える立場として行動するようになる。

グローバルに活躍できる資質の育成

日大藤沢の英語・国際理解教育は、英語が通じることの喜びの体験、英語を話したいと思ったときに話せる環境、ネイティブとの交流の機会、各種検定試験等のサポートが、中高6年で計画的に行われている。そのような英語学習環境によって、自ら英語を身に付けたいと思うようになり、英語で話すことが自然になって、英語力がアップしていき、さらに国際理解が深まり、コミュニケーション能力が上がり、将来の夢が広がり、「自主創造」の精神がグローバルに発揮できる人へと繋がっている。

オーストラリア語学研修 ※希望制

オーストラリアの家庭にホームステイをしながら学校に通って、現地の人々の日常生活や文化を肌で感じ、英語を聞き、話す時間を多くとることができ、現地校では英会話の授業や特別授業を受け、高校生はスクールバディの授業にも参加。週末は各家庭でホストファミリーと過ごす。行程の最後にはシドニーを訪れ、班別自主行動を行い、また、2年に一度、中学校の研修先のリバーマウント校の生徒が本校を訪れ、生徒の家庭にホームステイをしながら約1週間を過ごす受け入れプログラムも実施していいる。

国際理解プログラム

中学1年の12月に2日間にわたって、英語コミュニケーションスキルの向上や世界の文化を学ぶことを目的に、ネイティブ教員による1日6時間の密度の高い授業を実施している。ゲーム形式の学びや映画鑑賞など、楽しみながら英語に触れ、苦手意識を払しょくし、英語運用能力を高めている。

国内語学研修 ※希望制

学校の施設を使い、日本に来ている留学生講師が英語を指導する。中学3年生から高校2年生を対象に12月中旬の3日間オールイングリッシュでディスカッション・発表・スピーチなどのアクティビティに挑戦する。最終日には一人ひとりが将来の夢についてスピーチして、講師からの講評と修了証の贈呈が行われ、参加した生徒にとって、英語学習を意欲的に取り組む契機となっている。

ネイティブとの交流

英会話の授業以外にも放課後に「English Club」というネイティブ教員と自由なテーマで、英会話を楽しむ機会を設けており、自由に参加することができる。また個別の英会話の練習や英検二次試験の面接練習も受けている。ネイティブ教員は文化祭、体育祭、合唱コンクールなどの行事にも参加しており、普段の授業以外でも生徒と交流を図っている。

外部検定試験の奨励

英語検定の受検を奨励している。対策補習を行い、二次試験の面接練習は休み時間や放課後を利用して個別に指導している。。中学3年次に準2級合格を目指す生徒がほとんどで、また中学2・3年次で全員がGTECを受験する。中学ではリスニング・リーディング・ライティングの3技能、高校では「スピーキング」を入れた4技能を測定している。継続的に英語力の伸びを確認することができる。

部活動

運動部には高校19部・中学11部もの武道やスポーツの部活動があり、文化部は高校18部・中学14部と、音楽や文化、芸術など多彩な分野で活動している。全国制覇を狙う競いの場から趣味の活動を広げる場まで、同じ志を持つ仲間達と友好を深めたり、切磋琢磨したりしている。

運動部 中高合同運動部 高校のみ文化部 中高合同文化部 高校のみ
柔道部ソフトテニス部新聞・写真部美術部
剣道部硬式野球部文芸部家庭部
テニス部バスケットボール部 演劇部器楽部
軟式野球部水泳部吹奏楽部英語部
男子バレーボール部レスリング部コーラス部 
女子バレーボール部ダンス部科学部
卓球部カラテ部茶道部
サッカー部華道部
ラグビー部生物部
陸上競技部天文部
ウエイトリフティング部鉄道研究部
放送部
書道部
数学同好会

制服

中学校

高等学校

アクセス

住所 
〒252-0885
神奈川県藤沢市亀井野1866番地
電話 / 高校 0466-81-0123 中学 0466-81-0125

小田急江ノ島線六会日大前徒歩約8分

学校説明会、公開行事

■現在表示できるイベントはありません

  • この記事を書いた人
jyo

Tsuneo Suzuki

学校を中心に交通広告、 メディア制作に携わる。 学校の取材、制作や学校ステーション(WEBサイト)の記事の取材、編集を担当。

PickUp

-中学高等学校, 神奈川, 私立

© 2021 学校ステーション